忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

№189 あっという間に


ウミネコ
2017.06.17(土)

ちょっと気を抜くと、本当にあっという間に一週間が経ってしまう。

月・火・水・金の4日しか働いていないのだが、それでもやっぱり仕事しているというだけで疲れたりするし、夜もなるべく早く寝ようと心がけてもいるので、日記をつけられないことが最近とみに多い。

iPhoneの設定で、23時になると「寝ましょう」的なお知らせがくるので、ベッドの中で本を読んだり、ニュースを見たりしていても、なるべくその時間には寝るようにしているが、最近はそんなお知らせも要らない程、バタンキューという感じで寝てしまう。

体力の衰えを感じる毎日ではあるが、楽しく過ごすことが一番だと思っている。
やりたいことは沢山あるが、やれることは限られているし、やらなくてはならないことさえも、だんだんこなせなくなってきているのが現実だ。

「まぁぼちぼち、ひとつずつやっていこうね」
とは、自分に言い聞かせる言葉。

若い頃のように、一気にばぁーっと出来なくても、休憩しながらでも、ひとつずつ一つずつやっていくのが今のわたしには一番いいことだと思う。

拍手[0回]

PR

№188 体のメンテナンス


白鳥
2017.06.10(土)

ずいぶん前に酷い腰痛で、寝返りを打つのもままならない時期もあったが、あの頃に比べると、断然楽にはなっているのだが、その反面まったく違う痛みに襲われている。

さすがに心配になって、ちょっとググってみた。

なんと合致する症状は、いつも私が仕事で入力している疾病名。
”腰部脊柱狭窄症”ではないか。

文字だけは馴染みがあったので、自分の体がそんなことになっているかもしれないことに、ひどく驚いた。

だが、腰痛を抱えて数年。筋力の衰えを含め、自分の体の変化と向き合うようになったことだけは確かだ。
ストレッチをするようになって思うことは、日常生活だけだと、殆ど使う部分は決まっているような気がすることだった。その為、ストレッチをすると、とても新鮮で気持ちよく、それだけでリフレッシュするような気になるのだ。

病名についてはもちろんちゃんと病院で診断を受けたわけではないから、違っているかもしれない。だが自分の体のことなので、できるだけ自己回復を目指したい思いだ。

昨日調べていて、軽い症状ならストレッチで何とかなりそうな感じだったので、ゆっくりと出来る範囲でやってみた。

痛みが酷かった一昨日に比べ、昨日、今日はかなりましになっているので、うまく合ったのかも知れない。

単純に考えても、使わなくなった筋肉があることは、自分でも自覚できる。特にスポーツをすることもない私なので、運動の代わりにゆるゆるだがストレッチを続けて、体のメンテナンスを続けていこうと思う。

拍手[0回]

№187 友の死


2017.06.09(金)

高校の時の同級生が急逝した。
同級生同士の再婚夫婦の旦那様だった。
再婚してまだ1年足らずと聞いている。

あの輝くばかりの若かった日々。
自分の人生がこれから先どうなるのかも分からない。
そんな希望に燃えていた青春時代を共に過ごした同級生たち。

そして今、それぞれにそれぞれが自分の道を歩き、あの頃の面影を少し残しながら、普通のおじさん、おばさんに風体は変わった。

奇跡的な再会で再婚した二人。
ダンディな彼と歌姫の彼女は、それはそれはかっこよくて、とてもお似合いの二人に見えた。まだまだこれから2人で楽しい時間を過ごしていくと、きっと誰もが疑わなかった。

なのに突然の訃報。
彼女の悲しみが伝わってくる。

分かっているのです。
いつかお別れすることは。
分かってはいるのですが、こんなに早くこんなに急に。

どんな状況で亡くなったのかは聞いていない。
けれど、どんなに仲良しだったかは分かるから、どんなに寂しいかだけは分かる。

私も怖いよ。
最愛の人を亡くす恐ろしさ。
お別れの時がいつか、そう、必ずいつか来ることはさけられないのだから。

我儘を言えば、看取ってもらいたいけれど。
でもやっぱりちゃんと看取って、あっちの世界へ旅立つのを送ってあげなくちゃとも思う。
きっと我が夫様は、生きるのが不器用な私を一人、この世に残して旅立つのは忍びないことだろう。
けれど、残される辛さ悲しさは、夫様には経験して欲しくないなとも思う。

どんな最後を迎えるのは分からない。
いつ、お別れの日が来るのかも分からない。

だからこそ、今日を大切に、明日を大切に、一日一日を大切に過ごしていこうと思う。

天国に逝ってしまった彼は、きっとまだそばに居て、彼女を見つめていることだろう。
涙にくれる彼女のそばに、そっと寄り添っていることだろう。

涙が枯れるまでいっぱいいっぱい泣いて、そしていつか彼の愛した、彼の大好きだった彼女に戻って欲しい。
いっぱいいっぱい涙が流れることこそが、彼への想いそのものだから。
どうしようもなくぽっかりあいた胸の奥は、簡単には埋めようもないだろうけれど、それでもいつか、彼の大好きだった彼女に、キラキラ輝く歌姫に復活して欲しい。

心からご冥福をお祈りいたします。

拍手[0回]

№186 萎える


トンビ
2017.06.08(木)

今日は次男の自転車の登録シールが剥がされているということが分かった。3台所有しているうちの次男の自転車だけが剥がされていたが、実は使っているのは私だ。
次男の自転車については、学生の頃、何度も何度も…、本当に、いったいよくそんなことが出来るなと思うほど、”パンク”させられた経験がある。

お買い物に行っても心は晴れず、何となくモヤモヤしながら帰路に着いた。
桜の季節には花のトンネルになるお気に入りの道を、ゆっくり自転車を漕いで行く。今は葉っぱの緑が美しい。雨が降り出しそうな強めの風が吹き抜けていった。
ふと、何度もパンクさせられていた頃の次男を思い出した。

「母さん、ごめんな。またパンクしてる」
あの、次男の申し訳なさそうな顔。
パンクの修理代がかかることをひどく気にしていた。

自転車を使おうと思って自転車置き場に行くとパンクしている。ということが、何度も繰り返されたら、どんなにか心が折れることだろう。

パンクした自転車を押して、何度も修理に行くのは、きっと辛かったに違いない。
「大丈夫?」
ぐらいしか言えなくて、見守るしかできない私だった。

そう思うと、あの頃の次男って偉かったなとしみじみ思った。

その後も忘れたころに自転車は被害を被っていた。ほとんど自転車を使うことがなくなった次男は、初めて自分のお給料で買った自転車だったが意に介せずで、母親である私の方が、とても腹が立って悲しかった。
そんな次男の自転車を最近私が使うようになって、また時々おかしなことが起こるようになったのだった。
社会人になった次男の一言は、
「ほっとけ」

「そうだった。そう言っていたんだった」
学生だったあの頃よりも、もっとしっかり前を向いて歩いている次男が、たった一言いった言葉を思い出した。

私よりも次男の方が偉いなと、ちょっと誇らしい気持ちになった。
次男の言葉が心に響いて、何も萎えるような大した出来事でもなかったような気がした。

拍手[0回]

№185 夜のキッチン


アカエリヒレアシシギ
2017.06.06(火)

夕食タイムとテレビタイムが終わり、ひとりキッチンで片づけをする。

4人分の食器は多くて、いつも食洗器を使っていたが、夫と二人だけの日は、作る料理の数も使う食器の数も極めて少ない。

こんな日は手で洗うに限る。

こんなに便利に水道からお湯やお水が出ることが、いつもながら有り難い。これが井戸や川まで汲みにいかなくてはならない生活なら、どんなに大変なことだろう。

ふと見ると、いつも働かせてばかりの食洗器に埃がついていた。

「ごめんね。いつもありがとうね。」
声をかけながら、ささっと拭いて綺麗にすると、隣の冷蔵庫にもつい手が伸びてしまう。

冷蔵庫から振り返れば、オーブン。その下には炊飯器と湯沸しポット。その隣の作業台にはIHにオーブントースター。
拭きだしたらきりがないほど自分の周りを見渡すと、私を助けてくれている沢山の”物”たちと目が合った。

「みんなありがとうね。お休みー」
そう言ってからキッチンの電気を静かに消した。

明るい月の光が窓から差し込んで、みんながお休みと言った気がした。

拍手[0回]

№184 元同僚?友達?とランチ会


黒鳥
2017.06.01(木)

今日は前職の同僚とランチ会だった。

一緒に仕事をしていたときには、なかなか踏み込めないような、お互いの素性や生い立ちの話しも、こうして職場が違うことで出来るようになるから不思議なものだ。

ましてや退職してしまえば、もう二度と会わない人の方が断然多い中で、年に数回でも会って近況を報告し合いたい気持ちになること自体が嬉しいことだと思う。

特に関東に知り合いが少ない私には、貴重な友人たちともいえる。

友達と言ってもいいのかどうか、私にはよく分からなくて、元同僚のような言い方をしてしまうのだが、互いに腹の探り合いのような人間関係でないことだけは事実だからこそ、これは「友達」なのかなとも思ったりするのだ。

実は私は「友達」の定義がよく分からない。

本当の友達だとか、職場の友達だとか、小さい頃からの友達だとか、友達という言葉は使われていても、それが心を許せる人間関係なのかどうかはまた別のようにも思う。

けれど今日会っていた元同僚たちは、互いに利害関係なしの、それでいて互いに相手の幸せを願い合っているところがある。これはきっと「友達」と呼んでもいい関係なのかも知れないと、今日話していてそんな風に思うわたしだった。

拍手[0回]

№183 家計簿


ムクドリ
2017.05.28(日)

先月末にお給料をいただいてから、なんと一か月もの間、家計簿を入力できていなかった。

5月に入りバタバタとGWの旅行に突入。その後の忙しさやなんやらで、あっという間の一か月だった。

束になってしまったレシートを、今日はちまちま入力していた。

家計簿を毎日入力することが出来ない私なので、せめてレシートだけはなくさないように、保管している…つもりだった。
だが全て入力しおえると、若干の使途不明金がある。金額的には一回分のお買い物程度だったので、1枚無くしていたことが分かった。
やっぱり、もう少しこまめに入力した方がよさそうだ。

毎月入力した履歴を眺めては、予算設定を調整したりして、少しでも貯蓄したいと思っているのだが、なかなかお金を残すことができない。
結局は浪費家ということなのだが、子どもたちもそれぞれ独立する年齢になった今、自分の収入だけでやりくりしていけるように準備をしなくてはならない状況だ。

まだ自宅から仕事に行っている次男が、毎月家に入れてくれている分を、貯金しようと思うのだが、それがなかなか出来ないで、親としていかがなものかと本当に情けない。

とりあえず、ちょこちょこ家計簿の履歴分析データを眺める習慣をつけてみようと思う。
まずは自覚することが必要だ。
最近はすぐにいろんなことを忘れてしまう私なので、手のひらにでも書いておきたい気分だ。

「浪費注意!」と。

でも、すぐに消してしまうんだろうな…。(苦笑)

拍手[0回]

№182 手作り


マヒワ
2017.05.27(土)

先日、職場にケーキとパンを持っていったとき、パンが焼けるというのはすごいと言われた。

私自身も、HBを購入するまでは、自分でパンが焼ける人は凄いなと思っていた。だがいざ自分で焼けるようになると、案外簡単に出来るので、そんなに凄いことでもない気がして、気恥ずかしい想いだった。

どんなことでもそうだが、仕組みが分かってしまと、とたんに簡単に感じることも多い。だがそれと同時に、新しい扉を開いてみて気が付くことは、そのものの奥深さだ。

超初心者には甘いが、やっていればその道の厳しさや難しさ、そして簡単にはいかないことが、遥か彼方からこちらを見ているような気がする。

今の私は、食い意地の張った素人だから、ケーキもパンもそこそこ美味しく出来上がってくれるが、それは売り物にはならないことを、出来上がったケーキやパンが知っているからかも知れない。

まさに、小麦粉や卵やバターたち材料と、HBやオーブンたち皆が協力して、ケーキやパンに変身し、私を楽しませてくれている気がする。そんなケーキやパンだからこそ、少々不格好でも、違った意味で”いい味”が出るのかもしれない。

手作りの良さとは、材料と道具と人が、楽しい時間を過ごした証みたいなもののような気がする。

拍手[0回]

№181 落ち込み


中サギ
2017.05.26(金)

今日は久しぶりに落ち込みの波がやってきているようだ。

これは今に始まったことではないので、また気圧が急激に下がっているのかなと、さっきiPhoneのアプリで調べたら、やっぱりやや注意だった。

気圧の急激な変化が、私にはかなり応えるようで耳鳴りや頭痛、そして気分の激しい落ち込みなどの症状がでるようだ。

特に、このやや注意の時は、何というか胸の奥あたりが気持ち悪い感じがして、落ち着かないような気分になってしまう。

もちろん気圧の変化だけでなく、月の満ち欠けとも微妙に関係しているような気もするし、女性特有の一月に一回訪れる体の変化とも関係している気がする。
高齢の私は、もうお月様の日はやっては来ない。だが排卵という生殖機能が止まった後でも、やっぱり気分の落ち込みは周期的にやってきているように感じるから不思議だ。

もともとの私の気質というものや、感性ともいうべき、様々なことへの感じ方が、自然の働きとも関わっており、そういう時は大きな宇宙を感じてしまう。

この地球には不思議がいっぱいなのだから、自分が知らないうちに様々なものから影響を受けていたとしてもなんの不思議もない。

逆に、iPhoneの気圧の変化を知るアプリを使うようになって、耳鳴りや頭痛がしても、
「あっ!やっぱり気圧が下がってるわ」
位にしか思わなくなって、特にどこか体の調子が悪いとかそういう心配が無くなったのも面白い。

気分の落ち込みも、もっと年月が経てば、
「あぁ、やっぱりねぇー」
なんて言えるようなものが出てくるかもしれないと思ったりする。

「ただ生きているだけではないんだろうな」
ふと、そんなことも考える。
こんなにたくさんの人が地球上に産まれて生きているのだ。目には見えないけれど、何かしら波長のような物で、もしかしたら互いに影響を与え合っているのかも知れない。

それは人だけに限らず、地球上のすべての生命体が互いに関係し合っているのかも…。
などと、なんだか壮大な妄想が広がってしまった。

こんなことを考えていたら、気分も少し上向きになってきて、元気が出てきた。
明日もまた新しい一日がやってきてくれるはずだ。今日も出来ることはやったし、いっぱい笑って沢山食べて、昨日とは違う今日を過ごせた。有り難いことだと思う。

拍手[0回]

№180 びっくり~!


カナダガン
2017.05.25(木)

あっという間の一週間。
いつから書いてなかったかなと開いてみれば…、ちょうど先週の木曜日で止まっている。

そういえば、書いてなかったなという感じだが、実はここのところ非常に手首が痛くて、PCを触りたくないという状況なのだ。

先々週は週末一泊でお出かけしていたこともあり、月曜日からの自分の担当の仕事も本番で、一番の忙しさ。やっとこさそれを乗り越えた先週。仕事も一段落したと思えば、すぐに次のレセコンの入力に追われる今週。だが今日はちょっと書いてみたい気分になったという感じだ。

それでも本来の旅行の記事をUPするほどの元気はない。
というのも、リサイズしたり写真を選んだりするのが、ものすごく億劫なのだ。

もともと、若い頃歯科業界から転職したくて資格を取ったトリマーも、この腱鞘炎の為に諦めた感が強い。
トリマーの時は、犬を支える左手が全く動かなくなり、仕事が出来なくなってしまった。

どういう訳か、手首だけは細く、ちょっと無理をすると手首が痛くなる。
今の仕事では、殆どの時間、PCに向かって入力する作業なので、自然とマウスを持つ時間が長くなる。

要するに長時間マウスを持っていると、手首に負担がかかって、腱鞘炎になるということだろう。

長い言い訳になってしまったが、仕事優先で帰宅後は、なるべくPCを触らないようにしていたので、今日は少しましな気がする。

あっという間の一週間。
歳をとると、本当に一日一日が速く過ぎていく気がする。不思議なものだ。

拍手[0回]