忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

№211 同窓会



2017.11.19(日)

約37年ぶりに高校時代の友達に会うために同窓会に参加してきた。

いつの間にそんなに月日が経ったのかと思うほど、少しばかり不思議な感覚だった。
数年前から同期生の合同ということで、同窓会が開催されていることは、FBで知るところとではあったが、実際に同窓会に行く決心をするには、中々敷居が高った。

それというのも私は、高校を卒業してから意識的に付き合いを避けていた所があるからだ。

思うように進学出来なかったことや、仲の良かった友達が殆ど短大へ進んだことなど、就職したことが負い目になっていたんだと思う。

時は流れ、流れて、そしてもうそんなことなど、どうでもいいような年になったのだと思う。そういう意味では、FBで高校時代の友達たちと再び繋がることが出来たのは、今のネット社会のお蔭だ。

それでも、同窓会に行くにはかなり勇気がいった。
だが、行ってみると、次から次へと話しが弾む懐かしい顔、顔、顔…。食べる暇も無い程おしゃべりに興じ、喉はカラカラ。興奮しているので汗もダクダク。立食パーティなのに、殆ど食べないで、何とか飲み放題だけは元を取った感じの3時間だった。

特に会いたいと思っていた友達は、やはり部活の面々。バドミントン部のみんなだ。
そして記憶に残る担任の先生。それから現在FBでよくいいねを押してくれている友達。

そしてそして…高校時代のほのかな思い出のある男の子。
といっても、すっかりオジンになっていたし、私ももちろんおばはんには違いないが、やっぱり淡いような恋心を抱いた彼の姿を見ると、何ということも無く嬉しかった。

お互いに変わり果てた姿を笑い合い、それでも話し方や仕草は高校時代そのままで、薄くなった頭髪にもかかわらず、少年だった面影はやっぱり見て取れる。

面白いものだ。

歳月が流れた40年近く。皆それぞれに仕事をし、伴侶をみつけ、子どもを育て、もう孫がいたりと、人生の一通りのことを経験したようだ。

この年になれば亡くなった友達も数名いる中で、こうして元気に会えたことは、本当に嬉しい出来事だった。

子どもでいられる時間なんて、何と短いことか。だからこそ、きらめいていたように感じるのかもしれない。
同窓会の会場を後に、京都タワーを見上げながら思った。

拍手[0回]

PR