忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

年を越しての夜中には 3


オキナワギク
2016.12.31(土) (記入日:17/01/02)

さて、夫は夢の国へとお出かけになったので、これからが大晦日の恒例イベント。

去年はスマッシュブラザーズだったが、今年は私が入ると5人になるため、マリオパーティ10を購入して準備してくれたようだ。これなら5人でできるとのこと。

これはクッパパーティモードといって、最大5人で遊べる新しいゲームだ。一人がGamePadでクッパを操り、4人のプレイヤーに襲い掛かるというもの。クッパから一人でも逃げ切れば4人チームの勝ちとなるのだが、子らに比べれば一番どんくさい私がクッパになったのは言うまでもない。

なにせクッパは強いのだ!

タッチパネルの画面で落書きして宝箱にウソを書いたり、逃げ惑うみんなに火を噴きかけたり、やりたい放題のクッパだが、気の弱い私はウソの駆け引きでばれてしまい、
「母さんだなぁー」
といじられながら大笑いだった。

その後、情け容赦ない長男がクッパになって再度ゲーム開始。やはりという感じで、めちゃめちゃにやられて、彼女二人と私の女性陣はすぐにハートが0になって退場。次男が一人で応戦して、兄弟対決にやんやの喝采。最後は正義が買って次男の勝利だった。

その後、こちらもまた恒例の人生ゲームへ。

床に広げたアナログの人生ゲームが懐かしく面白い。ただルーレットを回すだけなのに、一回ずつ思わぬ出来事に遭遇し、大儲けする者、借金を抱える者が出て笑いが絶えない。

銀行はいつものように長男。毎年やっていた辛口の人生ゲームは、あまりにも借金地獄になり過ぎて辛いので、今年は長男がノーマルの7というのを買ってきた。(笑)

結局次男がお宝を沢山ゲットして1位。5人の中で一人だけ家も購入し一時は一番お金持ちになったのだが最後は4位になったのは次男の彼女。毎年ダントツで勝っていた長男の彼女は最終的には3位。毎年資産が少ない長男がやはりという感じでビリ。そして今年の私は、終始借金に見舞われていたが最期はうまく返済でき、なんと初めて2位になり鼻高々だった。
と、終わってみて気が付いた。
なんと午前4時前ではないか。
そんなに時間が経っていたとは思いもかけずびっくり。

「まだ寝ていない」
と夫が呆れているだろう。

大慌てで寝る準備をしていると、子どもたちから、
「母さんが一番焦ってるー」
などと笑い声が上がる。

明日の朝…というより、もう元旦の朝なのだが、
「何時からお雑煮食べる?」
との子らからの質問に、午前10時頃には食べていたいなと思ったので、
「準備ができたら、たたき起こすからね」
と、宣言し、興奮冷めやらぬままそっと寝床に潜り込んだ。

拍手[0回]

PR