忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

№82 事故渋滞


アネモネ
2017.02.04(土)
昨夜は無事に二泊三日の旅行を終えたが、予定を大幅に遅れての帰宅となった。

ホテルから上野駅前までバスで戻ったのだが、大磯サービスエリアでトイレ休憩。帰路に向かって走り出した直後、大和トンネル付近で事故発生との一報が入った。

しばらくすると、みるみるうちに渋滞しだす。

最初は2台の事故車のような情報だったが、実は二か所で事故が起こっていたらしい。

こうなったらもうどうしようもない。
ただ、ノロノロ進むにまさせて、ただじっと席に座っているだけだ。

情報は時折入っては来るが、渋滞に巻き込まれて2時間くらい経つと、寝るのにも飽きて、退屈になってくる。お尻もそろそろ痛い。満員の狭い車中に長時間閉じ込められていると思うと、息苦しさも覚える。

そんなときはiPhoneだ。
さっそく音楽を聞いたり、ラジオでニュースを聞いたり、はたまた、道路状況を確認するアプリで渋滞の状況を見てみたりと、いろいろやって時間をしのぐ。
リアルツイートを調べてみると、なんと6台もの追突事故のようだ。
確かに、渋滞の状況を見たからといって、早く進めるわけではないが、それでも何となく気分が晴れるというものだ。

それでもまだまだ、殆ど動かないような渋滞の状況だった。
救急車や事故処理車がずいぶん前に通っていったが、それすら夢の事のように感じられる。

そこで今度は落語を探してみた。
春風亭昇太さんの創作落語を検索。
YouTubeであった!あった!

本当に便利な世の中になったものだ。
そんなことを思いながら、イヤホンから聞こえてくる昇太さんの落語に、声を殺して笑う。
落語を三作聞き終えた頃、やっと事故現場である大和トンネルの近くまで進んだ。
と思った瞬間、渋滞でこんがらがっていた車の集団が、解けるように一台、また一台、そして私たちの乗っているバスも、スピードを出して渋滞を抜け出して行った。

上野駅までは、ジェットコースターのような運転で、逆に事故らないか心配した程だったが、あっという間に到着した。

乗客はほとんどが高齢者。3時間半から4時間もの間の渋滞の時間、誰一人気分が悪くなる人が出ることもなく、無事に戻れたことは、本当に有り難いことだと感じた。
思わぬハプニングで遅くなってしまったが、沼津・湯河原の夫のお誕生日旅行。
無事、帰還となった。

(記入 2017/02/05)

拍手[0回]

PR