忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

№202 オオカミ少年

 
ハイビスカス「ピンク・アイス」
2017.08.29(火)

今、職場が荒れている。
お盆休みが明け、仕事に戻った私だったが、ずっとくすぶっている火種から、再び煙が立つように、退職をめぐり周りの他のものまでもが巻き込まれいる。

本来、退職すると口に出しながら、辞めないような人間は、たまに職場に存在するが、今回の職場でも、辞める辞めないと、それはそれは忙しい。

私が今の職場に入る少し前にも、大々的に大荒れの時があったそうだが、その時には退職の挨拶の品も配られたのに、辞めることが取り消されたといういわくつきだ。

実はもっとさかのぼれば、もう何度目か分からない程らしい。そのたびに、周りの物も振り回されて、どうなることかと悩ましい日々を送る羽目になる。

まるでオオカミ少年のようだ。

私としては、ただ落ち着いて仕事がしたいだけだ。たぶん他の人達もそうだろう。
別に子どもではないから、みんな仲良くなんて思いはしない。ただ、仕事に支障がでるような態度はやめてもらいたいし、オーナーと揉めるのも、もういい加減にしてほしいだけだ。

だが、いつの間にか、私自身もその中に飲み込まれ、耳に入ってくるあることないことに、憂鬱になりイライラが溜まってきている。自然に、張本人を批判する気持ちが大きくなって、気が付けば悪口が口から出ていた。

「もうお好きにしてください。」
そんな気持ちで静観したかったのに、その人の言動を見ていると、つい愚痴ってしまう。

そして遂には、そんな愚痴っている自分自身がどうしようもなく嫌になり、疲れ果ててしまうのだ。

「心を穏やかに、周りに流されず、真実を見つめながら、人を批判せず、要らないことは口に出さないで、悲観的にならない。」

そんな自分になりたいと、しみじみと思ってしまうこの頃だが、ちょっとした変化にもメンタルが弱い私には、もう今生は無理なのかなと、反省することしきりだ。

拍手[0回]

PR