忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

№195 気が付けば…


セグロセキレイ
2017.07.06(水)

お昼休みと言っても、スタッフルームも無い今の職場。受付のデスクが私の居場所だから、電話が鳴れば出ないわけにもいかない。気の小さいところがある私。せめてしっかり休憩時間を取りたくて、近所のスーパーをぶらつく。

何処へ行っても高齢者が多い。その為、買い物中にも一息つけるように、あちこちにベンチがある。自分はまだ高齢者ではないつもりだが、有り難い気持ちで腰かける。

ぼーっと眺めていると、陳列された商品から移り変わる季節を感じた。
まだ梅雨のはずなのに、物凄い暑さだ。夏になる前にすでに夏バテ気味の私には、ちょっと涼し気な色に染められた「うなぎ」の旗を見ただけで、なんだか効き目を感じたりする。

旗の後ろが何やら美しい。よく見ると花火だ。手持ち花火や小さめの打ち上げ花火が色とりどりに綺麗に並べられている。

「もう花火なんだ…」

昨日は台風の影響で酷い雨だった。今日も避難勧告が出ている地域があったりして、最近の極端な天候には参ってしまう。

どうも地球も調子悪いような気がしてならない。もしかして、地球も年をとってきているのだろうか。それとも、まだまだ元気真っ盛りで、時々癇癪を起したみたいなお天気になってしまうのだろうか。

夏の暑さが大の苦手な私には、とにかく息をするのも辛い季節が到来している。
気が付けば7月の声を聞いて、日記を書くことを思い出した。

拍手[0回]

PR