忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

気持ちいいこと


バイカウツギ
2017.01.22(日) 

「気持ちいいなぁー!」
と、思うことの一つに、お台所の洗い物が片付いていること、というのがある。

他愛もないことだが、夕食に使った食器類が、あくる朝までそのままというのはとても嫌だ。だから自然と寝る前には、必ず片付ける生活になっている。

今日はとても疲れて、片付けが面倒だな…という日にも、
「片付けはやらないで寝る」
という心地よさより、綺麗に片付ける心地よさが勝っているから、結果、片付けてから寝る方を選んでいるようだ。

今朝、全ての部屋のごみ箱を集めていて思った。

「ごみ箱が空の状態」
というのも、私の気持ちいいことのひとつだ。

ごみ箱は、ごみを入れる入れ物なのだから、ごみがあっても当たり前だし、常に空にしておくというのでは、そのごみ箱は必要が無いようにも思う。
けれど、どうもごみ箱にごみが入っていると落ち着かない。

私にとってのごみ箱は、”ごみの一時保管場所”とでも言えるような位置づけにある物のように思える。
ごみ箱がパンパンになっているなんて、あり得ない話しなのだ。

だから自然とごみ集めも好きかもしれない。ごみを集めて、各部屋のごみ箱が空になっていると、とても気持ちがいい。

これも、ごみを集める手間よりも、ごみ箱が空の状態を見ることの気持ち良さが勝っているのだろう。

「気持ち良さを感じたい」
という欲求って、すごい力だなと思ってしまった。

拍手[0回]

PR