忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

№72 待つ身


アーモンド
2017.01.25(水)


夫が働いていて、私が専業主婦だったころは、毎日、毎日、夫の帰りを待ったものだった。
たまに会議とか、飲み会とかで夫の帰りが遅いと、まだかまだかと思ってしまい、とても疲れてしまう。

「待ちくたびれる」というやつだ。

何時に帰るか分からないという人を待つ身は結構つらい。待たなくていいと言われても、やっぱり無事に家に帰って来るまでは心配で、ぐっすり寝ることもできないし、ましてや遅い帰宅でも、
「何か少し食べるかな…?」
などと考えたりしてしまうから、たいした準備はしないにしても、それなりに迎える準備をして待ち構えていたこともしばしばだった。

仕事をして疲れて帰ってくるのだから、至れり尽くせりして当然と思っているのも事実だが、何くれと世話を焼くのが好きという性分なのだと思う。

そして何より、外出していれば、無事に家に帰って来てくれることが一番の安心なのだ。

今は私が仕事に出ているので、退職した夫は一日中家に居て、逆に私を待ってくれている生活になった。

早く家に帰りたいと思う反面、仕事をすることも嫌いではないので、熱中してしまうことが多々ある。そしてそのしわ寄せが夫に行ってしまう。

夫は特に何か用事があって、私を待っているわけではなくて、私がちゃんと家に帰らないと落ち着かないのだと思う。

かつて私がそうであったように、
「無事に家に帰って来てくれる」
ということを、一番に思って待ってくれているのだ。

毎日毎日、待ちくたびれさせていると、夫の体にさわるのではないかと心配になってしまう。

働きに出ていると、ついそんな「待つ身の辛さ」を忘れがちだが、なるべく帰る時間を知らせたりて、待ちくたびれさせないようにしなくてはと思っている。

拍手[0回]

PR