忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

№199 梅雨明け


2017.07.25(火)

集中豪雨の災害があちこちで起こるような昨今。
私の住む街では梅雨らしい雨も降らないまま、梅雨明け宣言を聞いた。

じっとしていてもエアコンをかけていないキッチンは地獄の暑さだ。
だが、一日中快適なエアコンの中でお仕事している私には、通勤時の汗も、帰宅後のキッチンでの汗も、大切なものだと思っている。

定期的に運動をして汗を流すことが無い私なのだから、せめて季節の中で強制的に汗をかくのも良い気がするのだ。

帰宅後はまずはシャワーでさっぱりするが、料理を始めるとあっという間にまた汗だくになってしまう。

今は良い物が出来ていて、凍らせてもソフトな首専用の保冷材がある。それを専用のカバーには入れず、簡単に薄手のタオルに挟んで首に巻く。両端を持ち上げて、魚屋さんみたいに鉢巻きにすると、額から出る汗もガードしてくれるのだ。
夏はいつもこの格好。あまりいい格好とは言えないが、眼鏡をかけている私の額からでる汗はレンズを濡らす天敵なのだ。

いでたちはともかく、キッチンには2台の扇風機を配置。換気扇を回して風を行きわたらせる。冷たい飲み物で水分補給しつつ、今日も料理を楽しんだ。

こんなささやかな汗との格闘も大したことでは無い。

水道を捻れば綺麗な水が出、お湯を捻れば好きな温度のお湯が出る。大型冷蔵庫には、冷えた飲み物や食材。調理したお料理が沢山。冷凍庫には保存食だけでなくアイスクリームがたっぷり入っている。

こんな何不自由の無い生活をさせてもらえること自体、本当に有り難いことだと思う。

その時、iPhoneが大雨警報のお知らせを告げた。遠くで雷鳴がする。地球が悲鳴をあげているように感じるのは私だけだろうか。
今夜もエアコン無しでは眠れないような暑さだ。眠れないと明日の仕事にも差し障りが出るので、28度設定の部屋で眠ることだろう。

仕方ないとは思いつつ、満ち足りた生活を傍受しつつ、一方で坂道を転げ落ちているような不安な気持ちになるのは何故だろう。

拍手[0回]

PR