忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

№118 家電たちと協力


シモツケ
2017.03.12(日) 

我が家にHBが来てからというもの、お菓子作りが面白くてしょうがない。

以前住んでいた家にはちょっと外国っぽいような、ガスオーブンがレンジの下についていて、とても便利に使っていた。そのせいか、今のところへ越してきてから、今風の電子レンジとオーブン機能のあるものを持っているのに、なかなかオーブンとして使いこなせていなかった。

本当に、物事とは何がきっかけになるか分からない。

お菓子だけでなく、パン作りまでやるようになった。HBで一次発酵までやって、その後、オーブンで二次発酵、そして焼くという風に使いこなすようになったことは、自分でも驚きだ。

子らが小さかったころは、よくクッキーを焼いたりした。だが、パンとなると、なかなか発酵が難しそうで、自分には無理かと思っていた。

だが今は、HBの力を借りて、そして何より、ネットでレシピを調べれば簡単な作り方が分かることが料理をしやすくしている。

何でもググってみれば、即座に同じようにググっている人たちを見つけることができ、そして、その解決法も見つけることが出来る時代だ。

この便利な世界はどこまで進化するのだろう。

けれど、お料理の楽しさは、結局は自分のやり方を編み出せるところだと思う。
お菓子やパンは分量をきちんとはかって作らないと、上手くできないものだが、それでも、基本のレシピから自分なりのアレンジがだんだん見つけられてとても面白い。

大昔から、美味しいものを食べたくて、ちょっとした工夫を積み重ねて今のお料理があるんだろうなと思う。

今日は我が家のHBと、我が家の麺職人、そしてオーブンたちと協力して、たくさん美味しい物を作り出した一日だった。それらの家電も静かにお休みだ。

「忙しかったけれど、使ってもらって嬉しかったな」
そんな声が聞こえそうな夜だ。

拍手[1回]

PR