忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

№102 二人でいれば

 
シナノキンバイ
2017.02.24(金) 

私たち夫婦は、どちらも一緒にいることが楽しいと感じているし、もとより、一緒になった理由が、二人で楽しく暮らすということだから、お互いが遊び相手なのである。

こんな夫婦はなかなかいないと思う。
もちろん再婚夫婦だから、まだ何十年も一緒にいる夫婦とは違うのも確かだ。だが何十年も一緒にいても、私たちより上手がいたことを懐かしく思い出す。

それは夫の両親だ。もう二人ともが亡くなってしまったが、本当に仲のいい夫婦だった。二人でいればそれでいいという感じだった。

ある日、地域の人が訪ねてきてこう言ったそうだ。
「二人で家にこもっていたらダメだから、老人の集まりに参加すればいい」
ご親切にも、敬老会への参加を勧めに来られたのだ。
だが、お義母さんは丁寧にお断りしたそうだ。

そして、その時のことを私にこう言っていた。
「何が二人で家にこもってたらダメよ。
 お父さんと二人で楽しく暮らしてるのに、大きなお世話だわ。しかも敬老会だなんて、そんな年寄りの集まりに何が楽しくて行かなきゃならないのよ」

「いやいや、お義母さん。確かにもうかなりのお歳ですが…」
と、そこだけはちょっと思ったが、口には出さなかった。

何といっても、どんなにお年を召しても、ちゃんと薄化粧して綺麗にしていたお義母さん。お義父さんとの掛け合いのようなおしゃべりも、聞いているだけで楽しかった。そして何より二人ともかっこ良かった。

こんなに長い間、夫婦をやっていても、こんなに仲良くしていられるんだとしみじみ思った。お互いがお互いを大切に思い、好き合っているのがはた目からも分かる。

私たち夫婦も、もう夫の両親のようになってきているのかなと思う。二人でいれば楽しいと思う毎日だから。

     (アメブロ 花の夢 掲載)

拍手[0回]

PR