忍者ブログ

華凛の日常

日々感じたことや、懐かしい思い出、旅先での出来事など、思いついたことを毎日書いています。

体温


ウメ
2017.01.15(日)

朝方、かなりの冷え込みだったようだ。ここら辺りでは珍しい程の、たぶん氷点下だったのだろう。

休日なのでゆっくり休んでいたが、目が覚めた頃からくしゃみの連続。先日からの風邪で、腰痛が悪化していることもあり、腰をかばってくしゃみをするのも一苦労だ。
なのにあろうことか、本気で4連続、5連続級のくしゃみが出て、腰は痛いし眼は辛いし…。
実は眼が辛いというのも、何故だか左目からだけ涙が溢れるのだ。その上、左の鼻からは、たらぁーっと鼻水が出て止まらない。

花粉の季節にも、左の鼻の穴だけムズムズして、鼻水が出るという経験はあるのだが、こんな風に、涙と鼻水攻めにあったのは初めての経験だ。

止まらないくしゃみと戦いながら起きだすと、寒い。異常に寒気がする。冬でも暑がりの私にはあり得ないことだ。
ちょっと心配になって、もしかして、熱が出だしたかと、体温を測ってみた。

ところが、体温はなんと「34.7度」
低い。低すぎる。滅多にこんな数字は拝めない。というか、これ…、自分的にはかなりの驚愕。怖い。これって熱が出る前の、ジャンプするときギュッと膝を曲げる状態と同じなんじゃないか。
いや、もう一回測ってみよう。案外、ちゃんと脇の下に挟まってなかったのかも。

そう思って、もう一度測りなおしてみた。
「35.1度」
おぉー。やはり低い。だが、35度台は見たことあるぞ。
夫様はいつもこのくらいの体温だ。だから大丈夫だ。
などと、根拠のない安心感にほっとした。

だが、寒い。何枚も重ね着して、電気毛布を膝に掛け、やっと少し落ち着いてきた。再度体温を測ると「36.2度」とやっと血が通いだした感じ。
「体温低い人って、こんなに寒い思いしてるんだね。」
と、やっと呟く余裕が出た私だった。

拍手[0回]

PR